浄水器 使い方の基本を知ろう!【蛇口直結型では半年程度】

タイプごとの特徴

コップ

手軽さと本格派

家庭でいつでも安全でおいしい水を飲むことができる浄水器には、大きさやタイプが様々あります。しかし、全ての浄水器は浄水フィルターに水道水を通すことで、塩素や有機物などの不純物や細菌などの微生物を除去することができます。もともと日本の水道水は世界的にも安全性が高いのですが、殺菌するために使う塩素が残留塩素となり、発がん物質として知られるトリハロメタンを生成してしまいます。その他にも浄水場では安全性が高かったとしても途中の水道管が破損していて異物が混入していることもあり、目に見えない有害物質が混入している可能性があることから浄水器の普及が進んでいます。一般家庭で使われている浄水器の中で最も多く使われているのが蛇口直結型の浄水器です。スペースをとることないので手軽で安価なことで人気になっています。蛇口を交換するだけですぐに使うことができるので、交換してすぐに安全な水を得ることができます。フィルターが小さいので他のタイプと比べると交換時期は早くなります。シンク近くに配置して水道水を引き込む据え置き型の浄水器は、有害物質の除去性能が高く、フィルターの交換頻度も少ないので、より安全な水が欲しい人や家族が多くて水の使用量が多い人に向いています。据え置き型の浄水器の中には、水をきれいにするだけでなく、アルカリ性にしたり、ミネラルを加えたりする整水器の役割を果たすものもあり、ミネラルウォーターを普段購入している人からの評判があがっています。