浄水器 使い方の基本を知ろう!【蛇口直結型では半年程度】

いつでも美味しい水を

浄水器

運用形態を考慮しよう

浄水器というと家庭用のものをイメージするかもしれませんが、業務用浄水器もあります。病院の待合室や美容院、会社のオフィスなどに浄水器が置かれているのを見かけることもあるでしょう。業務用浄水器にも様々な種類とメーカーがあり、それぞれ特徴があります。業務用浄水器を選ぶときはその特徴をふまえて選ぶ必要があります。まず気になるのが費用のことでしょう。浄水器自体のレンタル代やメンテナンス費用は無料というところも多く、実質水代だけですむところも多いものです。そのため初期費用はかなり安くなることが多いです。ただレンタル代が無料のところは水代に加算されていることもあるので注意しなければなりません。トータルでランニングコストなどもチェックするようにしましょう。ただ業務用浄水器の場合、社員用でもお客様用であっても経費として落とせることが多いので、ランニングコストの心配はそこまでしなくてもいいかもしれません。ただ契約期間が長すぎると途中解約がしにくくなるのでその点は注意しておきましょう。メンテナンスや水の交換についての手間もチェックしておきましょう。たいていは業者が行ってくれますが、どれくらいの頻度かなどもチェックが必要です。空ボトルを回収してくれるところも多いですが、頻度が低ければ空ボトルがたまっていくことになるので意外と場所をとります。設置場所も含めて保管場所があるかも検討しておきましょう。水の種類も様々なので、お子さんが飲むのなら軟水、女性が多いのならば美容にいい硬水など選び分けるのもおすすめです。