浄水器 使い方の基本を知ろう!【蛇口直結型では半年程度】

ウォーターサーバー

利用とその方法

ウォーターサーバーでは種類やサービスが豊富にあり、どれを選べばよいか迷うケースもある。そのような際には、口コミを参考にしながら選ぶと最適である。ネット申し込みの他、ショッピングセンターなどで申し込めることも多い。

使用時の注意

グラス

早めに使うこと

浄水器のフィルターを通ってきた水はカルキ臭の原因となる塩素や発がん性のあるトリハロメタンを取り除けるので、安全な水を飲むことができます。しかし、浄水器を使うときには注意点があるので、正しく使うように心がけて下さい。浄水器は残留塩素を取り除く効果がありますが、もともと塩素は細菌を殺すために入れられているものです。塩素がなくなることによって殺菌力が失われるので、浄水器を通ってきた水を取り置きしておくと細菌が増殖してしまうことがあるので、早めに使うようにしてください。夜から朝まで水を使わなかったときには、10秒程度水を流しっぱなしにしておくことをお勧めします。それは浄水器の出口付近に溜まっている水には細菌がついているので、それを洗い流すためです。浄水器が水をきれいにするのはフィルターが不純物を取り除いてくれるためです。フィルターには交換の目安が決まっていて、小型のフィルターを使っている蛇口直結型では半年程度、大型のフィルターを使っている据え置き型では1年位が交換時期になります。フィルターの交換をしないでいると目詰まりを起こして水の勢いが弱くなったり、浄水器そのものの故障になることもあります。浄水器の切り替えコックがあるタイプのものは、食器の洗浄は原水を使うようにして、必要な時だけ浄水器を使うようにするとフィルターの寿命を伸ばすことができます。フィルター交換も頻繁に行うものではなく、その他の注意事項もありますので、取り扱い説明書をいつでも見られるようなところに置いておくようにしてください。

浄水器

いつでも美味しい水を

業務用浄水器を選ぶときは、価格、契約期間、メンテナンスの手間やボトルの回収頻度、水の種類などをトータルでチェックして選ぶのが重要です。初期費用は安くてもランニングコストがかかることもあるので注意してチェックしましょう。

コップ

タイプごとの特徴

浄水器にはいろいろなタイプがありますが、基本的にフィルターで不純物を取り除く役割を果たしています。家庭で最も使われているのが蛇口一体型で安価なことと手軽さで人気になっていて、本格的に利用したい人には据え置き型をお勧めします。

サーバーボトル

導入前に評判をチェック

良質な水を手軽に楽しむ方法としてウォーターサーバーの人気が高まっています。業者ごとに水の質の良さやサーバーの使いやすさ、デザインの良さは違いますので口コミも参考に良いサービスを選んでいきましょう。長期に安心して使うためにはアフターケアの良さも重視したいところです。

浄水器

浄水器を導入する

浄水器は水道水をより高度の浄水してスチームを使用する装置のトラブルを避けたり、また硬度を変えることで飲料水や料理に使える水を作ることができます。業務で使う場合には処理能力の高い業務用浄水器を導入する必要があります。